アジア園芸事業は、日中の架け橋となるお手伝いをしております。

農産物の生産、流通及び消費の国際化が急速発展するにつれ、農業分野の取引国際化は商社とか大手会社に限らず、中小企業や一般農家にまで浸透しつつある。日本の農業資材、肥料、その他設備の外国産の依存度はますます高くなり一方である。要するに農業において、国際取引は日常化的になり、時代の変化に対応するには欠かせない重要な事業になってきた。

しかし、今まで外国との交流が少なく、すぐ貿易をするには困難な中小企業や、個人農家も少なくないのが現状である。

当社は農業分野のビジネスサポートを主な事業として取り組んでいる。中国や韓国に幅広い人脈を持っており、そしてこれらの国々の経済状況や文化に詳しい人材がいる特徴を活かし、経済協力の架け橋になっている。会社創立して7年間、お客様に信頼され、事業を大きく前進させることができた。本当にやりがいのある事業である。

今までは中国、韓国との直接取引、取引先の斡旋と手配、関連情報提供と下調べ、取引の代行、そして中国花卉新聞より抜粋した関連記事の無料提供などが中心的な業務だったが、近年はアジアの諸国へ日本の安心、安全な農産物を届けることも目指している。これはグローバル化が急速進むこの時代に避けられない使命だと実感し、これからも農業のグローバル化に微力ながら当社の最大の特徴を発揮して貢献していきたい。