2008.12.08 本新聞社の理事会業界に「危」(危機)の中で「機」(チャンス)を探るよう呼びかけ

11月30日に2008年中国花卉新聞理事組合年会議が陳村の花卉世界で開催された。世界的な金融危機の中で、花卉業界の企業が大集合し、業界の今後の発展方向について検討を行った。

中国の花卉業界が受けている経済危機の影響はどの程度深いか? 大漢グループの董事長劉邦賢はこう語った;現在海外の花卉業界はかなり深刻な影響を受けている。例えば、欧米の胡蝶蘭、クズマニアなどの花卉価額は下落が激しく、各大企業は予算と支出を厳しく制限している。ところが、国内市場はまだ成長期段階であり、欧米に比べて影響が少ない。反って、これは花卉業界の内部監理を強化し、市場拡大及び消費誘導など諸事業を行うチャンスにもなりうる。