2009.04.07 農業部:我国の花卉産業の特徴は著しく目たち、4大地域構造を形成している

農業部関係者の二日の発表によると、生産構造の合理化により、我国の花卉産業の地域特徴はますます目たち、現在既に「西南の切花、東南の苗木と盆栽、西北冷涼地区の球根苗、東北の加工花卉」の4大地域構造が形成されている。

統計によると、2008年全国花卉総面積は1163万ムー(1ムーは6.667アール)であり、前年比3.3%増加しており、産業規模は世界一である。全国の花卉売上は666.9億元に達し、前年比8.7%増加、輸出総額は3.99億ドールで、前年比21.8%増加している。