2009.06.29 昆明に二つの観賞園林開園

昆明市第1期園林緑化博覧会が6月16日石林と呈貢園博覧園で同時に開園された。生態、文化、科学技術の時代特色を生かし、園林の企画設計、園林建築や苗木など花卉産業の企業発展をアピールした今回の開園は6月30日に閉幕するが、その後、二つの博覧園は市民の公共緑公園として活躍されることになる。

石林園博覧園の敷地は150ムーで、中に水域面積は22.56ムーである。11箇所の景観作品、八つの園林植物展示区域に207種類の植物が楽しめる。

呈貢園博覧園の敷地は180ムーで、100種類以上の貴重な植物が植えてある。