2009.09.01 国際花卉展覧会予告(2009年9月――2009年12月)

ロシア国際花卉博覧会 FLOWER 2009

展示会期間:2009年9月3日―6日
展示館場所:ロシア国家展覧センター
展示品範囲:切花、鉢花、種子、種苗、花卉加工・包装設備、切花保鮮商品、陶器鉢、温室設備、景観緑化機械、家庭園芸資材、薬剤、培養基など。
展示会紹介:本博覧会はロシアの花卉専門展示会で規模が最も大きい博覧会であり、ロシアの花卉栽培や景観園芸業界で高い権威性を持っている。
      2008年の博覧会には640の企業が出展した。その中、ロシア本国の出展が425の企業で、他国出展が215の企業だった。

コロンビア国際花卉展 Proflora 2009

展示会期間:2009年9月30日―10月2日
展示館場所:コロンビア波哥大国際展示センター
展示品範囲:切花、球根、種苗及び関連資材。
展示会紹介:1991年から統合を経たコロンビア国際花卉展は、アメリカ州で最も重要な切花領域の盛会である。
      今年はアメリカ州から400を越える切花生産者や貿易商、種苗球根販売商、資材販売商らが出展し、展示面積は1万5千㎡に達する。
      また、40を超える国々や地域から1500を超える仕入れ商らが貿易商談を行うことになる。

2009オランダ国際花卉園芸展覧会 Horti Fair

展示会期間:2009年10月13日―16日
展示館場所:オランダアムステルダム国際展示センター
展示品範囲:盆栽、切花、種子、種苗、盆栽容器、刺し花容器、温室設備、園林機械、花園芸金属工具、花卉栽培技術、肥料、土壌改良技術、
      花卉陳列、自動化コントロール操作、エネルギー節約装置、空気調節装置、水浄化処理システム、バーコート印刷機、生物化育成技術、
      環境保護技術など。
展示会紹介:国際花卉園芸業の注目を集めている地球レベルの花卉業界盛会、
      オランダ国際花卉園芸展覧会 Horti Fairは世界最大規模の花卉園芸総合展覧会の一つで、花卉業界でずっと先頭を切っている。
      特に、切花、盆栽植物、セット資材の面で国際園芸業界の最高水準を保っている。

日本東京国際花卉展 IFEX 2009

展示会期間:2009年11月11日―13日
展示館場所:東京国際展示センター
展示品範囲:盆栽、切花、種子、種苗、造花、花卉加工包装材料、草花栽培温室、肥料、陶器、花鉢、栽培技術、庭園景観設備、家庭園芸工具、
      温室設備、園林機械など。
展示会紹介:東京国際花卉展は日本フローラルマーケティング協会(JFMA)と日本リードエグジビションジャパン株式会社が主催しており、
      アジア最大の花卉園芸貿易展である。本展には、世界30カ国から870社(同時開催展を含む)が出展し、
      世界中の生花、種苗、花材、フラワー雑貨など、花に関するあらゆる商品が一堂に集結する。

インド国際花卉園芸博覧会 Floral Expo 2009

展示会期間:2009年12月5日―7日
展示館場所:インドニューデリー展示会センター
展示品範囲:盆栽、切花、種子、種苗、花卉加工包装材料、培養基、肥料、花鉢、育種容器、庭園景観設備、花園家具、温室設備、園林機械、
      園芸金属工具など。
展示会紹介:インド国際花卉園芸博覧会は南アジア地区で規模が最も大きい展覧会の一つであり、
      インドの市場は既に南アジア花卉園芸類製品貿易の中心になっている。
      昨年、500あまりの企業が出展しており、その中には25カ国の国際出展商社が含まれている。出展期間中来客者数は約15万人である。