2009.09.07 雲南の輸入ユリ種球根 検疫不調

雲南省で毎年オランダやチリなどの国から輸入されている鱗球茎花卉種球根は0.8億から1.2億粒である。ところが、金融危機の影響で今年は6千万粒になる見通しだ。

今年の上半年に輸入された花卉、種子、苗木などが大幅に減少されたにもかかわらず、植物検疫に引っかかったのは53件、発見された有害生物は22種類である。その中、ユリの状況はもっと厳しく、既に11件の6品種、約500万の種球根から線虫やウイルスなどが発見され、検出率は11%にのぼる。