2009.11.05 国際風景園林設計競技会で北京林業大学が「大豊作」

幕を下ろしたばかりの風景園林界国際最高級の大学生設計競技で北京林業大学が最優秀賞を含んだ諸賞を獲得した。

10月20日から23日まで国際風景園林師連合会第46回世界大会がブラジルのリオテジャネイロで開催された。中には国際大学生競技項目が設置され、一等賞は北京林業大学の博士課程の5名が獲得、二等賞は元北京林業大学学部生で現清華大学博士課程の学生らが獲得、三等賞は北京林業大学の博士課程の5名が獲得した。

一等賞の作品は「砂漠の中の緑色港湾―防風避風緑色基礎施設の廊下」であり、新疆喀什地域の風害問題をテーマに科学的な防風避風手法で、新しい環境計画と設計を行い、防風避風の基礎施設を構築し、地元の風の環境を改善しようとする試みである。