2006.06.20 雲南省嵩明県小街鎮の大規模農業団地が発展期に

2003年に雲南省花き産業連合会が経営を引き受けた雲南省嵩明県小街鎮の大規模農場団地『云南省花卉示范園区』が発展段階に入った。

この『云南省花卉示范園区』は2001年は雲南省政府の出資で計画された。建設のために投資した金額は5000万元だが、入園した企業の累計投資金額は5046万元になる。面積は約164ヘクタール、温室22.1ヘクタール、冷室、培養室0.23ヘクタール、事務、生活施設1.79ヘクタールである。現在14社が入園している。主な進出企業はオランダ華蘭、上海虹の華、オランダアンスラ、昆明立深新苑、昆明世博陽光、韓国金蘭などである。正式に生産段階に入ってきた。