2011.04.11 広州で国際盆栽植物・盆栽用品展覧会を開催予定

2011中国(広州)国際盆栽植物・園芸花屋用品展覧会が11月3日から5日まで、広州錦漢展覧中心にて開催される。

調べによると、今期展覧会は中国花卉協会・広州市人民政府が主催し、長城国際展覧有限責任公司・上海国際展覧中心有限公司が実行し、中国花卉協会盆栽植物分会が協力する。展覧会は植物・培地・園芸器具包装材から花卉の冷蔵・保存技術と設備・園芸林業用機械工具・照明設備・園芸設計・屋上緑化等に至るまで、花卉園芸の各方面にわたる。おおまかな統計によると、2010年における全世界の園芸用品の市場規模は474.9億米ドルで、2015年には610億米ドルを超えると予想されている。2010年におけるわが国の園芸用品の市場規模は約4.2億米ドルで、2015年には15億米ドルを超えると予想されている。現在のところ、わが国の都市緑化および家庭園芸市場は徐々に国際市場との統合が進んでおり、市場の需要が絶えず増加している。このことは盆栽植物・園芸・花屋等の業界に無限のビジネスチャンスを提供している。長城国際展覧有限責任会社の責任者は、「華東・華南地区はわが国最大の盆栽植物の生産および集散地であり、世界の花園・花屋用品の主要な生産地のひとつでもある。ここには毎年、世界各地からの仕入れ業者や仲買業者が商品の仕入れ・商談に訪れることから、広州でこのような展覧会を開催することにした」と語る。

展覧会の期間中、主催者側は一連の活動、たとえば第一期中国組合せ盆栽コンテスト・珠江デルタ花園産業フォーラム・園芸フォーラム・盆栽技術研究討論および産業視察などを展開する。