2011.10.24 中国園林博物館園林蔵物を広く募る

先日、記者が中国園林博物館建設司令部事務所から得た情報によると、今建設計画中の中国初めての園林を主体とした国家級博物館-中国園林博物館が10月17日から社会に対して園林蔵物の募りを始めた。

中国園林博物館建設司令部事務所が公表した「中国園林博物館蔵物募集公告」では、物豊かな中国園林文化をよりよく展示し、それぞれの時期、地域、種類と流派の園林歴史や特色を明確に区分し展示するため、博物館は社会の各業界に以下のような蔵物の広く募る;園林と関連性が強く、特徴があり、代表性が強い実物及び図や文面、音聴資料である。例えば、園林歴史資料、園林植物、建築部品、石碑、園林飾り家具、賞翫品、園林書画、演劇、飲食文化などなど。その以外にも、博物館では各省や市の過去の園林遊覧地図や入場券、遊覧記念品などの提供も呼びかけている。

中国園林博物館は2013年に正式に開館する。共益性の永久的な文化施設として、中国園林博物館は園林歴史文化財の保護、中国伝統文化の発揚、園林芸術の展示、園林価値の研究などの重大な責任を担う。

調べによると、中国園林博物館の蔵物募り作業は公告を出した日から始まり、長期的に個人或いは団体からの無償寄贈或いは合法譲渡を受けることになっている。寄贈者は北京市公園管理センターホームページ(http://bjmacp.gov.cn)或いは第九期中国(北京)国際園林博覧会官庁ホームページ(http://www.expo2013.net)に登録し、調べることができる。