2011.12.23 気霧栽培は効率を高める

気霧栽培は新型の栽培方式である。噴霧装置を用いて肥料を霧状にし、植物の根に直接噴射することで植物の成長に必要な水分と栄養を与える無土栽培技術の一つであり、近年、花卉や野菜の栽培において推進され始めている。気霧栽培は通常、コンピューターを介して栽培過程全体を制御しているため、施肥や除草は必要なく、労働力が軽減される。また、立体栽培の実施を最大化できるため、経済効率を大いに高めるのである。