2012.03.31 成都(金堂)国際菜の花祭り開催

3月19日、「田園の花の海に遊び、幸福の新しい村を体感する」を主題とする「2012中国・成都(金堂)国際菜の花祭り」が三渓鎮白廟村で開幕した。

金堂県は成都の農業大県であり、今年のアブラナの栽培面積は10667ヘクタールに達する。現在、県に属する全ての郷および村の随所において、黄金色に咲き乱れる菜の花の海を見ることができる。

今回の菜の花祭りは産業の旅・美食の旅・行楽地の旅を有機的に結合させることに重点を置き、市民が農村で菜の花の海を楽しめるだけでなく、同時に農作業の体験や農作物の試食ができ、趣味としての農業、および新興村の発展を充分に体感できるよう力を注いだ。