2006.07.01 瀋陽新城子区 カーベラ花卉研究所設立

先月16日、瀋陽新城子区カベラ花卉研究所が設立した。瀋陽新城子区新城子郷はカベラ生産に対して100年の長い歴史を持っている、現在の生産面積は約3000畝(200ヘクタール)である。生産物は主に大連、上海、北京、長春、ハルビン、瀋陽等の地域に出荷している。今回、花卉研究所設立の経緯について所長趙氏は一層花卉管理レベルを高め、良い品質の商品を提供すると共に新品種の開発、新技術の導入、海外から新品種の導入等先進的技術で素早く良い商品を生産、提供するだめであると語った。