2012.08.17 花鉢の容量増大で品質を確保

先日、筆者は鄭州市恵済区陳嶺花卉栽培所にて、コチョウランを生産するための花鉢がすべて3センチ高くなっていることに気づいた。通常用いられる花鉢の高さは9センチだが、これらの花鉢の高さは12センチであった。社長の劉少崗は記者に対し、「コチョウランの開花時期には栄養確保のため大量の肥料が必要になる。このような高さのある花鉢には大量のミズゴケが入るのでより多くの肥料を蓄えることができる。コストは高くつくが、商品の品質を保障できる」と語った。