2013.01.28 シンビジウム、昆明年宵花市で大人気

今年の昆明年宵花市では、シンビジウムが人気を博している。

昆明市五華区迎春花市にて、低い気温が客足に一定の影響を及ぼしてはいたものの、シンビジウムを販売するブースの前は異常に賑やかで、花を愛する多くの市民が一心不乱に商品を選んでいるのを記者は目撃した。ある老人は、「今年のシンビジウムは品質が良いだけでなく、価格もそれほど高くないため、60元で二束を買える」と記者に教えてくれた。

昆明市ラン協会会長である楊樹?の紹介によると、シンビジウムは花が大きく、香りが良い一方、形も美しい。開花期が春節前後であることから市民に非常に喜ばれているという。「広東省はシンビジウムの主要な産地であり、近年の産業化・大規模化栽培が加速しているため数量が急増し、価格も相対的に低下している」

目下、花市で販売されているシンビジウムの4、5本一束の小売価格は50元前後である。また、苗の成長がよく、数も多いものは200元にもなる。