2013.06.21 成都新津県:発泡スチロールの上に育っているキクの花

先日、記者は成都新津県田園のマドリガル生態農業の観光地域で、発泡スチロールの上に育っている鮮やかなキクの花が人目を引き付くのを見かけた。実はこの育成の方法は塔式の栄養栽培と言って、その方法はキクの花の根系を発泡スチロール板に固定して、規定の時間に霧形の栄養液を根部に噴き出して作物に栄養を与えて作物の成長を保証する方法だ。このような育成方法は土地・人件費・時間を節約し、同時に作物の成長周期を短縮して商品の早め発売を促進する。