2013.08.05 四川南部県の蓮博園は「大世界ギニス」最高に入選された

中国花卉新聞により:先日、四川省南部県で開催した第2期の蓮花祭の開幕式で、「大世界ギニス」(中国独立運営法人)本部の役員は、南部県蓮花博覧園は「大世界ギニス」の最高賞に入選されたと発表した。入選された理由は"規模が最大"ということだった。

南部県は2011年に20余りレンコンの品種を導入して、四竜郷、三官鎮、建興鎮、流馬鎮、火峰郷など8つの郷・鎮で企画し、11000畝の建設地に蓮花博覧園計画を立てた。2012年、南部県ではこの8つの郷・鎮で栽培されている各蓮花池を全部連携し一面に広がるように蓮花博覧園を作り出した。現在、博覧園内の蓮花池は千箇所近くあって、"官の字の広大な邸宅"、"九夏ハスの花の婚礼写真の基地"、"清波紋園"、"蓮台観音"、"ハスの花の園"、"三日月の湾"、"酔蓮園"などの特色景観所がある。毎年、蓮花の満開時には、大勢の観光客を国内外から引きついている。