2006.08.01 雲南花卉企業10社が連携してガーべラ400万株輸入

最近、雲南花卉企業10社が連携して、オランダFlorist社からガーベラ親株400万株を輸入した。

今回は芋卉公司がグループ代表としてオランダFlorist社と取引を行ったようだ。契約には古い品種の親株を繁殖苗として、1.5ユーロ/株、パテント品種は毎年20000ユーロのパテント代を支払う条件で、Testarossa, Sunway、 Piton, Cabanatou等の市場で長年流通していた古い品種と50余りの新品種を仕入れると書いてあった。今年仕入れるこの総額500万元(約7000万円)、約400万株の親株は実験栽培であると発表した。