2006.08.04 先鋒園芸成都で加温型市場を建設

成都温江に新しく大型遮光付き温室市場が誕生した。この市場の所有者は広東先鋒園芸公司である。広さ10000平方メートルの温室の材料は全て台湾から輸入したそうだ。取材記者に対して広東先鋒園芸公司の社長梅氏は次のように述べた。成都は四川、重慶、雲南、貴州等からのお客がたくさん集まる場所であり、花卉の流通量も多い。しかし、春節前後2ヶ月の気温が5℃~10℃のため花卉商品は鮮度が落ち、品質が悪くなるのが多かったという。これらを防ぎ、もっと良い商品を消費者に届けるために今回加温、遮光が可能な温室市場を導入したという。