2006.09.15 昆明花卉競売センターの前八ヶ月の取引量3285万元

雲南省政府からの情報によると、今年1~8月をわたって、昆明国際花卉競売センターの切花取引量は7500万本以上、取引額は3285万元である。市場でのサービス方面の機能もますます向上している。

初期の統計を基づくと、八ヶ月の取引量と取引額は昨年の同期に比べ、取引量は50%、取引額は120%増えた。雲南省の副省長孔乗柱の話によると、雲南花卉産業の急発展と輸出規模の拡大は、産業発展、企業の大規模化、花卉農家の増収のために、全面サービス組み合わせシステムを確立して提供したからである。競売センターは市場競売サービスに重要な役割を果たし、花卉農家の組合組織の発展に貢献した。

また、雲南省花卉技術育成訓練普及センターによると、今年の前半年、雲南省花卉栽培面積は1.71haで、7%増加し、総生産額は35億元で、16.7%増えた。雲南花卉生産品は国内の中位以上の市場を独占し、国際的な有名市場に進出する歩調を推進する。