2006.07.11 浙江嘉善大雲鎮花卉発展に全力を注ぐ

八年前までは浙江嘉善大雲鎮は浙江省で有名な野菜基地だった。しかし近頃生産機構を調節して、花卉産業に全力を注ぐようになった。現在全鎮花卉栽培面積は約213ヘクタールで、'中国切花の里'として注目を集めている。主にガーべラ、百合、ストレリチア、チューリップ等品種の切花を北京、上海、天津、武漢等約20ヶ所都市に出している。最初の小売から現在の卸しに変化した。年産切花1.2億本、一人あたりの収入は6800元である。現在切花は大雲鎮にとって主導産業になっている。