2007.09.24 中国切り花、中アジアへ大量輸出見込(甘粛農村報)

新疆近隣の中央アジア各国は花き消費大国であり、最近の地元市場では切り花需要量が増加し、生産が間に合わない状態に落ち込んでいる。新疆地方の切り花は品質がよく、値段が安いので消費者の注目を高めている。

中央アジア各国の人々は花を飾る習慣があって、その消費量も多い。しかし各国の花き生産量には限界があって、需要量の7~8割は輸入に依頼している。新疆地方はこれらの国々と地理的に有利なので、多くの中国内陸花卉種苗公司が新疆花き市場に進出している。専門家は新疆の切り花の大量輸出は時間の問題だと予測している。