2008.03.27 花卉報主催による海外内切花貿易座談会を開催

切花輸出関連情報の交換を図り、同事業の一層発展をもたらすため、花卉新聞社は4月10日北京展覧館にて国内外切花貿易関係者座談会を開催する。輸出を主にする切花貿易事業は国内における切花生産規模を拡大させ、品質を大きくアップさせている。しかし、輸出数量の増大に従い、輸出発展を妨げる流通、検疫、花の加工、パッキング、そして情報交換不足など一連の問題が出てきている。この現状を踏まえ、当新聞社は輸出貿易を中心としてバイヤーと生産・輸出業者両者が直接意見交換が充分できる本会議の開催を企画した。本会議には国内大型生産企業ほか、日本、ロシア、オーストラリアなどの切花バイヤーも参加する。