2008.04.07 成都温江7つの現代花卉物流港を建設する予定

花木積卸を集約し、花卉商品の出入り管理をマニュアル化するため、成都温江地区では貨物基地の物流方式を取り入れ、現代化花卉物流基地を建設する予定である。2つの100ムー(2万坪)の花卉物流センター、と主要花卉物流基地5つで50ムー(1万坪)で構成されるこの物流基地は、2008年温江区の、恵民活動とみなされる。同物流基地には花木積卸物流、臨時倉庫、花木を植えた状態での商品展示、情報交換、電子ビジネス、植物検疫、銀行サービス、飲食・宿泊などサービスなどいろいろな設備が設けられる。